アンプルールのハイドロキノン

ハイドロキノンの濃度は?乾燥はしない?

 

一般的なハイドロキノン配合化粧品の濃度について

ハイドロキノンはアルブチンなど他の美白成分に比べて10〜100倍の効果があるシミ治療などにも使われている成分です。

 

化粧品メーカーのハイドロキノンの多くは2%前後の濃度のものが多く、皮膚科でシミ治療をする場合は最高で4%程度のものを処方されます。

 

ハイドロキノンは濃度が高い方が効果は出やいのですが、高すぎると副作用のリスクがあり、濃度5%以上で発がん性のリスクが報告されています。

 

アンプルールのハイドロキノンの濃度は2.5%

 

安全で、また効果的に美白ケアが出来る濃度です。

 

乾燥のしやすいハイドロキノン。アンプルールは?

シミを薄くする効果のあるハイドロキノンは、使用すると肌が乾燥する事があります。

 

しかしアンプルールは「ハイドロキノンなのに肌が乾かない!」という人がほとんど

 

アンプルールのハイドロキノンはカプセルに封じ込めた事により、一気にではなく長時間に渡ってゆるやかに肌へ浸透していくからです。

 

アンプルールのハイドロキノンの濃度は?乾燥はしない?

ゆるやかに作用するため刺激を感じにくく、肌が弱くても使える!と敏感肌の人にも人気があります。

 

 

▼乾燥しない!と評判の高いハイドロキノン化粧品です▼

 

ハイドロキノン化粧品は安定性の高いものを選ぶのが重要!

 

ハイドロキノンは光や熱・酸素に弱く不安定な成分です。

 

アンプルールは、不安定なハイドロキノンを安定化させた新安定型ハイドロキノンの開発に成功しています。

 

成分の安全性については、アンプルールの代表で大学附属病院の皮膚科医としての勤務経験もある皮膚の専門家・高瀬聡子氏が言及しています。

 

アンプルールのハイドロキノンの濃度は?乾燥はしない?

 

こんな人にアンプルールのハイドロキノンはおすすめです

 

  • ハイドロキノン濃度2.5%の美容液で、安全で効果の高い美白ケアがしたい
  • 刺激が少ないハイドロキノンを使いたい
  • 乾燥しないハイドロキノンを使いたい

 

カプセル化されたことにより時間差でメラニン色素を生成するメラノサイトを攻撃できるアンプルールの新安定型ハイドロキノン。

 

このことにより、ハイドロキノンが長時間効果を発揮することができるからシミをピンポイントで狙っていきます。

 

ゆるやかに一晩かけて作用していくので、乾燥肌や敏感肌の方にこそ、アンプルールの美白シリーズはおすすめです。

 

▼「肌が乾燥しない」と評判の優しいハイドロキノン化粧品▼

 

アンプルールに関連した人気の高い記事

アンプルールの美白シリーズの効果と使った感想

 

▼続きを見る

ラグジュアリーホワイトの新安定型ハイドロキノンがカプセル化されているメリットは時間差でメラノサイトを攻撃するというところだけではなく、お肌にやさしい量のハイドロキノンを少しずつお肌の奥まで届けるというメリットもあります。こうすることにより、お肌への刺激を抑えてなおかつ有効成分をしっかりとお肌に届けられるのでどんな肌質の方も安心して使えるのです。特に敏感肌の方にとっては、刺激が少ないアンプルールの美白シリーズはおすすめの化粧品なのです。アンプルールの美白シリーズは美白成分新安定型ハイドロキノンの他にも、お肌のキメを整えて美肌へと導く水溶性と脂溶性の2種類のビタミンC誘導体やセレブロシド・ヒアルロン酸・酵母エキスなどの保湿成分も配合されているので、お肌に潤いが欲しい乾燥肌の方にもおすすめです。