ビーグレンのハイドロキノン

効果は?副作用は?使っても大丈夫?

 

 

現在、最もシミやくすみなどの美白に効果を発揮する成分と言われているハイドロキノン。

 

ビーグレンの美白シリーズ、QuSomeホワイトクリーム1.9にもハイドロキノンが配合されています。

 

 

ビーグレンのハイドロキノンの効果

ハイドロキノンの歴史は長く、過去40年以上にわたって色素沈着の治療に使用され、その効果を示す医学論文も数多く存在する成分です。

 

ただ成分が安定しづらく、また分子が大きい為、肌の奥に浸透しづらいという欠点があります。

 

その為、せっかくハイドロキノンを肌に塗っても思うように効果が出ない、といった事も多くありました。

 

ビーグレンのハイドロキノンの副作用は?使っても大丈夫?

 

ビーグレンは皮脂に近い成分の超極小カプセルでハイドロキノンを包み、安定的に、また肌の奥まで浸透させる事に成功しています。

 

ナノサイズのハイドロキノンが肌の奥まで浸透していくので、ビーグレンのQuSomeホワイトクリームでは、効果的な美白ケアが可能です。

 

ハイドロキノンの安全性について

ハイドロキノンは実はとても身近な食べ物にも含有されている成分で、小麦やベリー類(イチゴ・ブルーベリーなど)・お茶・コーヒーにもハイドロキノンが含有されています。

 

しかし濃度の高いハイドロキノンは、動物実験において発がん性などの副作用の危険性も懸念されています。

 

また、ハイドロキノンについての論文の一説では以下のような結果も報告されています。

 

5%ハイドロキノン配合のクリームを使用した患者のうち、赤みや刺すような刺激を感じた患者の割合は32%、2%ハイドロキノン配合のクリームを使用した患者では8%に軽い反応があった。

 

しかし「これらは治療を中止するほどの反応ではなかった。」と論文は続いていて、使用料や含有量に注意すれば副作用や刺激などは、ほとんどないという研究結果が出ています。

 

現在のハイドロキノン化粧品の状況
  • 日本の化粧品会社で販売されているハイドロキノンの濃度は2%前後
  • 皮膚科で治療に使われる濃度は約4%。
  • 5%を超えると副作用の可能性がある

 

ビーグレンのハイドロキノンの濃度と副作用は?

ビーグレンのQuSomeホワイトクリーム1.9に含まれているハイドロキノンの濃度は1.9%です。

 

他社のハイドロキノンに比べて濃度が低いのですが、超極小カプセルを使った浸透テクノロジーで、ハイドロキノン2%台の他社製品よりも効果が高い!と感じる声が高いのが特徴です。

 

ビーグレンのハイドロキノンの副作用は?使っても大丈夫?

 

ビーグレンのハイドロキノンは問題なく使えるレベル

濃度の面などからビーグレンのハイドロキノンは安全に使えるレベルです。

 

皮脂に近い成分のカプセルで包む事によって、肌への刺激も少なく安全性が高く作られています。

 

ただ浸透力が高い為、肌が弱い方の中にはピリピリと刺激を感じる事もあるかもしれません。

 

ハイドロキノンが含まれているQuSomeホワイトクリーム1.9は、QuSomeホワイトシリーズのトライアルセットに含まれているので、使ってみたい方は本製品を購入する前に、トライアルセットから試してみると良いですね^^

 

 

浸透力が高く効果も高い!ビーグレンのハイドロキノン

 

▼続きを見る

ハイドロキノンの副作用の報告ですが、ハイドロキノンがベンゼンから派生した成分であることから起因するもので、実際には40年以上にわたって治療に使用されているにも関わらず、内臓や皮膚への悪影響が報告された例はありません。これらを日常生活で摂取している人間にはハイドロキノンに対する不活性合成物を解毒する能力が備わっているからではないかと論文では結論付けています。ビーグレンに配合されているハイドロキノンは、これまで化粧品に使用するためには避けて通れなかったハイドロキノンをお肌へ浸透させるという課題をクリアしています。ハイドロキノンは水溶性の物質のため、化粧品にいくら配合されていても皮脂やバリア機能に弾かれてしまいお肌の内部へは浸透できなかったのです。しかしビーグレンのQuSomeという独自技術でハイドロキノンを皮脂と似た成分で包むことに成功しました。これにより、皮脂やバリア機能をクリアしたハイドロキノンがお肌の内部まで浸透させることができます。ビーグレンのハイドロキノンが効果的なのは、このQuSomeの浸透性があるからなのです。30代を過ぎたころからシミやくすみにお悩みの方にビーグレンのハイドロキノンは特におすすめしたい成分です。しかし敏感肌の方は、まずトライアルセットで自分の肌に合うかどうかテストしてから使用するのをおすすめします。