シミ消し クリーム 成分

美白クリームに含まれている有効なシミ消し成分で効果的ものは何?

シミ消し効果の高い美容成分の種類は限られています。

 

美白クリームに含まれている有効なシミ消し成分で効果的ものは何?

 

シミは一度出来るとなかなか消すことが出来ません。たっぷりと肌を保湿すると水分量が上がり肌が白く見えることがありますが、シミは肌を保湿しただけでは消すことが出来ないからです。

 

日本には厚生労働省が認可した美白成分のことを美白の有効成分と呼び、また厚労省に認められた成分が配合された成分を含むものが薬用化粧品に分類されています。

 

認可されている美白有効成分は20種類ほどあり、これらが使用された美白スキンケアは通常の美白スキンケアよりも高い効果を実感しやすいと評判です。

 

そんな美白成分の中でも特に効果が高いと評判で薬用スキンケアによく使われている成分について詳しく説明します。

 

ハイドロキノンの効果と働き

ハイドロキノンは肌の漂白剤とも言われている強い美白効果を持った成分です。

 

欧米では美白やシミ消しの定番とも言われている成分でしたが、効果が強いため日本国内でスキンケアに使われるようになったのは2001年からです。2001年以前は皮膚科などで処方して貰うか、個人輸入をして使うことしかできませんでした。

 

ハイドロキノンはもともとはいちご、ブルーベリー、コーヒーなどに含まれている天然成分です。

 

ハイドロキノンにはシミや日焼けの原因となるメラニン色素の生成を抑え、メラニン色素を作成するメラノサイトという細胞を減少させる効果があります。そのため、シミや日焼けを防止するだけではなく、今あるシミをどんどん白くしてくれます。

 

ハイドロキノンは美白効果が高いため肌に刺激が強く、濃度が1パーセントから4パーセントほどのものがほとんどです。濃度が高ければ高いほど効果は高いですが肌への刺激も強くなるので、はじめは濃度の低いものから使いましょう。

 

また、ハイドロキノンが配合された薬用スキンケアは化粧水や美容液、クリームに多いです。最近は安い商品も増えましたが扱いが難しい成分のため高価なスキンケアが多いです。安全のためにも、きちんとした企業の販売する安全性の高いハイドロキノン配合スキンケアを使いましょう

 

おすすめは「ハイドロキノン」と「ビタミンC」のW使い

厚生労働省から認められている美白成分はたくさんありますが、特に高い効果を実感しやすいのがハイドロキノンとビタミンCです。この二つの成分を併用して使うことで、美白効果、シミ消し効果、シミの予防効果を十分に実感することが出来ます。

 

美白成分は一種類だけでも高い効果を実感しやすいですが、複数同時に取ったほうが効果は高くなります。しかし似たような性質の成分だと、同時にとってもあまり意味がありません。

 

その点ハイドロキノンとビタミンCは違う観点からシミ消しや美白効果をもたらしてくれます。

 

ハイドロキノンはすでに出来たシミを消す効果が特に高い成分です。そのため、美白スキンケアとしては欠かせない成分といって良いでしょう。

 

ビタミンCは顔全体を明るく見せるくすみ対策効果や紫外線を浴びた後の補修効果がとても高い成分です。顔全体に使うことで、透明感のある明るい素肌を手に入れることが出来ます。

 

シミが気になる部分にはハイドロキノン配合のクリームを、顔全体にはビタミンC誘導体配合のスキンケアを使うと、美白効果、シミ消し効果を十分に実感することが出来ます。

 

 

アルブチンの効果と働き

アルブチンは、ハイドロキノンを参考にして作った成分です。

 

ハイドロキノンは美白効果がとても高い成分ですがその分肌への刺激も強く扱いが難しい成分です。そのため、ハイドロキノンよりも肌へ優しく美白効果の高い成分を、と思い開発して生まれたのがアルブチンです。

 

アルブチンは、ハイドロキノン誘導体とも言いますがハイドロキノンとは全く関係ありません、美白効果はハイドロキノンに劣りますが、副作用などの心配なく安心して使うことができるのがアルブチンです。

 

アルブチンにはα-アルブチン、そしてβ-アルブチンの2種があります。

 

ハイドロキノンを元に作った人工成分がα、植物の葉が含む天然成分を使って作られたのがβです。

 

効果が高いのがα-アルブチンですが、価格も効果も高いです。しかし安全性に関しては天然成分から作られたβのほうが高いので、安全性と効果どちらを重視するかで種類を選びましょう。

 

アルブチンにはメラニン色素の生成を抑える効果があります。しかしすでに出来てしまったシミを消す効果は弱いので、アルブチン以外にも美白成分が含まれているスキンケアを使うことをおすすめします。

 

ハイドロキノンほどの効果はありませんが、安全に使える成分として今注目を集めているのがアルブチンです。

 

ビタミンCの効果と働き

ビタミンCは免疫力を高めたり肌荒れを改善する成分として有名です。

 

しかしシミを消す効果、美白効果も高いため、美白スキンケアに使われることも多いでしょう。

 

シミは無色のアミノ酸であるチロシンがユウメラニンへと合成することによって作られますが、この働きを阻害する効果がビタミンCにはあります。

 

また、すでに出来てしまった有色のメラニンを無色のメラニンに変える効果があるため、美白効果、シミ消し効果、シミの予防効果を実感することが出来るでしょう。

 

また、紫外線を浴びる前にビタミンCを摂取すると肌の免疫力が高まり少しの紫外線には負けない状態になります。日ごろからビタミンCを意識して取ることで、シミや日焼けを予防することが出来ます。

 

ビタミンCは壊れやすく体内に吸収しにくい成分です。そのため、スキンケアから摂取する場合はただのビタミンCではなく、ビタミンC誘導体として含まれているものから摂取をしましょう。誘導体として体に吸収しやすく加工されているビタミンCであれば、体内にもどんどん入り込み、シミ消し効果を実感しやすいです。

 

トラネキサム酸の効果と働き

トラネキサム酸は人口のアミノ酸の一種です。

 

美白スキンケアに含まれることが増えたトラネキサム酸ですが、もともとは医療機関で使われている成分でした。トラネキサム酸は肌の炎症やアレルギーを抑える効果があります。湿疹やじんましんなどの肌トラブルの治療、止血の効果も高いことで知られています。

 

しかし2002年に厚生労働省から美白効果が認められ美白スキンケアに使われるようになりました。

 

トラネキサム酸にはシミの原因になるメラニン色素が作り出されるのを抑えたり、肌の炎症を抑える効果があります。そのため、シミ、しばかす、カンパン、色素新着などを消す効果を実感できます。
なぜここまで効果が高いのかというと、トラネキサム酸にはメラニン色素を作るうえで重要なプロスタグランジンなどの物質の働きを抑える効果があるからです。また、血液が固まるのを防いでくれるプラスミンという物質の働きを抑える効果があるので、炎症やアレルギー反応を抑えることが出来ます。

 

トラネキサム酸は美白効果やシミの予防効果の高い成分ですが、トラネキサム酸を摂取すると血液が固まりやすくなるという副作用があります。
スキンケアとして摂取する場合は問題ありませんが、サプリメントなどからトラネキサム酸を摂取する場合は医師に相談した上で摂ったほうが良いでしょう。

 

page top